ギモンに回答『志望業種の広げ方を教えて』

A, 「固定概念」に囚われずに、共感できる企業なら、志望動機を語れる(2019年5月20日)

採用担当の吉本です。
多くの方は、視野を広げるにしても「興味がもてる業界に応募したい!」と思うでしょう。 でも、最初から強い志望があると、なかなか他の業界を探しづらいものです。
そんなときは、一度「固定概念」を捨ててから広げてみてください。

世の中にある仕事は、どの業界も「業界の外から見た仕事と、業界の中から見た仕事」は全然違うのです。

例えばIT業界と飲食業界、どっちが辛いのか、両方を経験したからこそ分かった事をお教えします。

・仕事が終わらないのがIT業界・仕事が終わるのが飲食業界
・締め切りがあるのがIT業界・締め切りがないのが飲食業界
・精神的に疲れるのがIT業界・身体が疲れるのが飲食業界

結論
IT業界と飲食業界の仕事、どちらが辛いのか?
一個人の結論ですが「IT業界」の方が辛いです。

それはなぜか?

プライベートと仕事の区別がつかないぐらい仕事が生活を覆ってきたからです。これはPCさえあれば、仕事に接続できてしまうことが大きな要因。また思考する仕事というのは場所を選びませんよね。

今回この記事を書いてて、もう締め切りやノルマのプレッシャーに追われて、焦燥感が激しい仕事はしたくないなと思ったのでありました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

求人採用のエントリーはこちら

ENTRY