株式会社湯佐和の株式の取得(子会社化)に関するお知らせ

全国に飲食事業を展開する、株式会社ジー・テイスト(代表取締役:阿久津 貴史、本社:愛知県名古屋市)は、神奈川県を中心に「海福」「いろは丸」「太郎丸」等の海鮮や寿司居酒屋を運営する株式会社湯佐和の株式を取得し、同社を子会社化いたしましたのでお知らせいたします。

 

1.株式取得の理由

当社は現在、焼肉専門店「焼肉屋さかい」をはじめ、国産牛焼肉食べ放題「肉匠坂井」、回転寿司「仙台平禄」、大衆居酒屋「村さ来」、郊外型ファミリーダイニング「とりあえず吾平」、おむらいす専門店「おむらいす亭」、宅配ピザ「10.4(テンフォー)」、イタリアン「壁の穴」といった様々な形態の外食店舗を、FC含め約700 店舗全国で展開しております。

一方、神奈川県鎌倉市に本社を構える株式会社湯佐和は、キリンビール株式会社に入社後、創業者であった父の急逝により40億円の借入のある株式会社湯佐和を引き継いだ後、16年で完済し、会社を復活させた【湯澤 剛氏】が代表を務め、『ある日突然40億円の借金を背負う――それでも人生はなんとかなる。』の出版や、人気番組「ありえへん世界SP」にも出演し話題を集めました。そんな湯佐和は、地域密着型の寿司居酒屋及び、海鮮居酒屋を神奈川県に13 店舗展開し、2017年10月期売上高 16億2146万円、経常利益1億9372万円の優良企業であります。

外食業界は、人材不足による採用費等のコストの高騰や消費者の節約志向・低価格志向の高まり等、先行きは依然として厳しい状況が続いております。そういった環境下、ブランド力の向上や地域に根差した店舗展開、価格競争力やサービス力を強化していくことにより、お客様の支持を獲得していくことが必要であると認識しております。このような状況において、湯佐和社は、地域密着型で長年営業していること、三崎漁港と長井漁港の買参権を保有することにより朝どれの魚を店舗にて提供するノウハウ等を保有し、収益力の向上や価格競争力の強化等を実現できる等、様々なシナジーが想定され、両社の更なる成長発展を実現できるものと考えております。

2.異動する子会社の概要

(1) 名 称:株式会社湯佐和

(2) 所 在 地:神奈川県鎌倉市大船1-23-11

(3) 代表者の役職・氏名:代表取締役 湯澤 剛

(4) 事 業 内 容:飲食店の経営(寿司居酒屋及び海鮮居酒屋)

(5) 資 本 金:10,000 千円(会社分割後の資本金は 500 千円)

(6) 設 立 年 月 日:昭和 53 年4月6日

(7) 売 上 高:1,621,463 千円(平成 29 年 10 月期 )

■株式取得の内容

・取得株式数:20,000 株 (議決権の数:20,000 個)

(議決権所有割合:100.0%)

■スケジュール

(1) 取 締 役 会 決 議 日:平成30年9月 19 日

(2) 契 約 締 結 日:平成 30 年9月 19 日

(3)株 式 譲 渡 実 行 日:平成 30 年10月 1 日

■その他

・本件が当社の平成 31 年3月期の連結業績に与える影響は現在精査中でありますが、今後、開示すべき事項が発生した場合には、速やかに開示いたします。

■これまでのM&A時期

2005年 株式会社ゼクー「居酒屋・とりあえず吾平」
2006年 株式会社グローバルアクト 「ちゃんこ料理店・江戸沢」
2010年 フード インクルーヴ株式会社 「居酒屋・村さ来」
2013年 株式会社ジー・ネットワークス及び、株式会社さかい 「おむらいす亭」「長崎ちゃんめん」「焼肉屋さかい」「肉匠坂井」「炭火ステーキ坂井」「塩がま屋」
2018年 株式会社オーディンフーズ 「10.4(テンフォー)」
2018年 株式会社タケモトフーズ 「ワールドグルメジャンクション」
2018年 株式会社壁の穴 「壁の穴」「Bacio di Giulietta」
2018年 株式会社湯佐和「海福」「いろは丸」「太郎丸」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

求人採用のエントリーはこちら

エントリー