これから就活する人たちに

先日、30代の知人から何か良い仕事がないか?紹介して欲しいという依頼の連絡がありました。
しかし、企業側は、仕事ができる人、もっと言えば売上げを上げられる人なら、いくらでも欲しい。

サービス業の現場出身者には、本当に接客のうまい人も多くいます。
しかし、それでも30代になって仕事に困る人たちには特徴があります。

「お客様の笑顔が大好きです」「接客が私に向いている」
とばかりに、現場の接客だけしかやってないのです。

飲食店でもアパレル店でもいわゆるお店や商業施設系の仕事をやってれば、20代半ばや後半にかけて、店長にならないか?と勧められたり、会社側は、少しずつ管理職に導こうとするけど、本人が「私は現場好きなんです」とかで、なかなか公募しないという現状があります。

3年以上続いているなら、たいていの人は接客が好きで、現場が好きです。
ただ、それで30代を迎えて「もっと給与をください」と言われても、出せない会社が多いのが現実です。

店長になると、給与も高くなるけど、肝心の接客時間も減るし、スタッフに注意もしなければならないから、かつてのような仲間モードで働くことはできなくなります。
シフトの管理もするので、遅刻や欠勤に警告を出さなくてはならないし、毎日、本部からの売上げ報告、予測を求められます。
そして、それは全部やっておいた方がいいことばかりなのです。

そういうのが嫌で逃げた人が高待遇を求めるには、相当苦労します。
3年くらい現場をやったら、リーダーや副店長などやって、本部の営業などもやる方がいいに決まってます。
お客さんを集めるのがどれほど大変なのか?名刺を持って一から営業してみるとわかります。

それがわかると、現場の接客も変わります。
マナーとか接客スキルのレベルではなく、本当のマインドが注入されて遥かにレベルアップします。

人事部を経験すれば、良い人材の採用がいかに大変か?がわかるので、
その後、現場での指導が格段に向上します。

サービス業でもそういうクロスした経験が必要です。
そうでないと30代に稼ぐことができないからです。

利益をあげられなければ、高待遇を用意することは不可能だからです。
どんなにマナーが良くて笑顔で、商品の知識があっても、全て個人技の世界だけのノウハウでは限界があるのです。

店長などの管理経験もある人は、マニュアルを作れます。
また、売上げを作る事ができます。これが大きな違いです。経験にまとまりがある。

ただ現場で数年間働いていた人には、好き、得意、ということばの連発で、マニュアルも作らないし、マニュアルは意味がない、とか言い出します。
こうなると、経験と勘が大好きになってしまっているので、新人スタッフの教育には向かないです。
サービス業でスタートして今年で21年目ですが、周りを見渡せば、多少プレッシャーを感じながらも、素直に次のステップにトライしていった人たちは、みんな管理職で活躍しています。

これからサービス業の仕事に就く人には、ぜひ自分で進んでキャリアプランを立てて実践してもらいたいと思います。

【6月の会社説明会の情報をお知らせいたします。】
会社説明会が最初の選考ステップになります。
東京をはじめ、仙台・名古屋・大阪・山口・福岡等でも説明会を行います!
※社員やシークレットゲストが登壇する会もあります。
※会社説明会の受付は、随時開けていきますので、キャリタスまたはマイナビをご確認ください。

■内容
・会社概要・事業戦略などのご紹介
~安定経営、充実した教育制度についてもお伝えします~

・インタビュー映像
 ~社長・社員の声をお届けします~

■お申し込み方法
参加ご希望の方はエントリーページよりお申し込みください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

求人採用のエントリーはこちら

エントリー