新規業態開発

アジア進出の新規業態。「日本クオリティ」の商品開発 ひつまぶしちゃんこ江戸沢 × 吉田 望

現在の主な仕事内容を教えてください。
自社の展開する飲食ブランドの商品開発及び商流管理です。
特にここ最近は近日インドネシアでオープンするショッピングセンター内の新店オープンに向け毎月ジャカルタに出向きディストリビューター(問屋)やサプライヤー(メーカー)との打ち合わせや工場見学、ストアコンパリゾン(市場調査)など物流の確保や業態開発など準備を進めています。
新規業態へかける想いは?
今度オープンする業態はインドネシアの方々が知らない日本食を日本で提供されているそのままの状態、サービスも含め“日本クオリティー”で提供することを目標にしています。なので様々な制約はありますが、簡単に「無理だ」と諦めずに色々な角度で方法を検討し思い描いているイメージに近づくように日々模索中です。新業態で初めての国での立ち上げなので大変ではありますがオープン日にお客様で溢れてインドネシアの方々に喜ばれれば頑張る甲斐はあると思っています。
今後の目標とキャリアイメージ
を教えてください。
インドネシアは世界第4位の人口を誇り、東南アジの中でも日本のレストランチェーンや飲食企業の進出もまだ少なくこれからの市場です。まずインドネシアでの出店を成功させ今後のアジア圏での出店を拡大し、5年以内に20店舗出店しアセアン事業部として独立した事業部を立ち上げ、その中でアジア圏全体で支持され、知れ渡るような主力業態を作ることが当面の目標です。
なぜ自分が選ばれたと思っていますか。
これまでのキャリア云々はありますが、それよりも現在の商品部の中では私は一番若く商品部としてのキャリアも短いので、新しい国でしかも新業態での立ち上げとなるので固定観念や慣例にとらわれずに自由な発想で自由に業態開発できるようにと私が選ばれたと考えております。加えるなら体力的にも一番頑張りが利くからもあると思います。とにかく選ばれたからには全力で取り組みたいと思っております。
ひつまぶし・ちゃんこ 江戸沢
インドネシア ジャカルタの大型ショッピングセンターに、
2015年5月頃オープン予定。
ひつまぶしとちゃんこ鍋を主軸に、「日本の食文化」を伝えるべく現在開発中の新業態。

「江戸沢」海外出店の流れ

  • 大手SC(ショッピングセンター)が
    インドネシア ジャカルタ郊外に出店決定。
  • モール内フードミュージアム
    (フードコート) の開発・出店オファー。

社内プロジェクト立ち上げ。
開発店舗の1店舗の担当に抜擢される。

【店舗設計、デザイン】
内装デザイン、厨房レイアウト
(オペレーションを検討)
【商品開発】
①現地市場調査(マーケティング)
集客予想、コアターゲット、現地物価、
競合店調査など。
②食材選定、取引先業者開発、商談
物流、輸入規制、現地の慣例など。

社内プレゼン

  • 人材の採用、訓練
  • 店舗引渡し
    現地で商品の最終チェック
    (現地の方の試食からのヒアリング等)
  • 販促、媒体での訴求
    販促チラシ、FaceBookやLineなどの
    SNS、ホームページの作成等

いよいよオープン!!!

  • 【海外出店】しゃぶしゃぶ神戸 NYマンハッタン店 飯島 芳倫
    海外出店
    しゃぶしゃぶ神戸
    NYマンハッタン店
    飯島 芳倫
  • 【海外出店】ジャカルタ進出プロジェクト 黒澤 悠樹
    海外出店
    ジャカルタ進出
    プロジェクト
    黒澤 悠樹
  • 【新規業態開発】東京商品企画本部 吉田 望
    新規業態開発
    東京商品企画本部
    吉田 望
  • 【新規業態開発】東京商品企画本部 海老沢学
    新規業態開発
    東京商品企画本部
    海老沢学
  • 【独立支援制度】村さ来/西日暮里店 吉本 安伸
    独立支援制度
    村さ来/西日暮里店
    吉本 安伸