低投資・低リスクのフランチャイズ

【おせち販社さまインタビュー】株式会社八神さま

今まで「作るもの」だったおせちは「買うもの」になりつつあり、最近ではおせちを買う家庭が増えてきています。
そんな背景もあり、ジー・テイストではおせち販売事業を行なっていて、販売代理店制度を設けています。
今回は、その販売代理店制度をご活用いただいている「株式会社八神」の古道さんに、ジー・テイスト広報部がインタビューを行ないました。
「株式会社八神」は兵庫県を中心に複数の飲食店を経営されている会社で、もともとお客様のご要望から自社でおせちの販売を行なっていましたが、手間がかかりすぎて対応に悩んでいたといいます。
ちょうどそのときに「おせちの販売代理店制度」に関心を持っていただき、今では代理店さんとして毎年約300個のおせちを販売しています。
この記事では、実際におせち販売を行なう古道さんに聞いた、販売代理店になるメリットやお客様からいただく意見について紹介していきます。

『手間をかけずにおいしいおせちを提供できる!ジー・テイストの販売代理店制度』

古道さん1

― おせち事業を始めたきっかけはありますか?

古道さん:お客様の声がきっかけでした。
お店で「おせちできますか?」とお客様から要望をいただくことが多く、最初は自分たちで作っていたんです。
ただ、おせちの準備をするとなると居酒屋にとって繁忙期である12月に準備をする必要があります。
もともとは大晦日にお店を休みにし、料理を作り盛り付けて配達まで自分たちで行なっていました。
お客様からの要望の声が増えたときに、どうしても対応しきれない部分が出てきてしまったんです。
そんなときにジー・テイストさんのおせち事業のことを知りました。

― ジー・テイストのおせち事業を知ったきっかけと決め手は?

古道さん:きっかけは知り合いの業者さんからの紹介でした。
決め手は、「手間がかからないこと」と「味」です。
お客様から「実家に送れますか?」という声もあり、それまでは作ったおせちを配送業者にお願いして送っていたんですが、巷を騒がせたスカスカおせち事件が起こってから配送業者も厳しくなっておせちを送れなくなってしまったんです。
ジー・テイストさんだったら全国配送もあるし、お客様のご要望に応えられると思いました。

― おせちの味について率直な感想をお聞かせください

古道さん:想像していたより味も見た目もクオリティが高かったです。
あと、冷凍のおせちなので、味の劣化がないことも一つの魅力でした。
自分たちで作っていた頃は生鮮食品を使っていたので、どうしても時間が経つと味が落ちてしまいます。
その心配がなかったので安心して販売できました。

『お客様から「豪華」と評判!オリジナルのおせちを販売できるのが魅力』

古道さん2

― 販売店になる条件はありますか?

古道さん:僕らは、自分たちでメニューを選べる「オリジナルのおせち」を作っていただいているので販売の最低ロット数が条件としてあります。
最低ロット数の条件さえクリアできれば、他にリスクはありません。
ジー・テイストさんの方でメニューが決められているおせちを販売する場合は販売ロット数の条件もないので、まったくリスクなくおせちを販売できます。
なので、ガソリンスタンドでおせちを販売している例もあるみたいです。
僕たちはもともとおせちを販売していた飲食店なので、しっかりメニューや味に自分たちのこだわりを詰め込みたいという想いから「オリジナルのおせち」を販売することにしました。

― 「オリジナルのおせち」とはどういうことですか?

古道さん:「株式会社八神のおせち」として販売することができるということです。
ジー・テイストさんが提示するメニューの中から採用する品を選んで、オリジナルの組み合わせでおせちを作ってもらえるんです。
ある程度なら味の注文もできます。「もう少し甘くしてほしい」「醤油の割合を増やしてほしい」など、初年度はだいぶ打ち合わせを行ないました。
手間をかけずに「株式会社八神のおせち」として販売できることは大きなメリットです。

― 他に、販売店になって良かったと感じることはありますか?

古道さん:おかげ様で、お客様からの評判は良いです。
多くのお客様に「豪華だね!」と言われ、喜んでいただいています。
味はもちろん見た目や品数も大切なので、その部分は特に評価いただいています。
もちろんお客様によって好みはそれぞれなので、全員から「おいしい」と言われるわけではないですが、大半のお客様に満足いただいています。

『毎年300個販売する株式会社八神のオリジナルおせち!今後もこだわりの詰まったおせちを提供し続けたい』

古道さん3

― 「株式会社八神」のおせちの特徴を教えてください

古道さん会社の看板店である「かねも」が海鮮居酒屋なので、海鮮系のメニューを中心としたおせちにしています。
販売を続けているとお客様からいろんなご意見をいただくので、その意見を参考にしながら毎年おせちのメニューを考えています。
ジー・テイストさんと意見交換しながら、毎年こだわったおせちを販売していきたいです。

― 昨年の販売数を教えてください

古道さん:昨年は300個のおせちを販売しました。
1個あたりの利益が十分見込める上、手間はほとんどかかりません。かなり魅力的な事業だと思っているので販売を続けています。
おせちを楽しみにしてくださっているお客様も多いので、今後も積極的におせち販売をしていくつもりです。

― 販売促進で行なっていることはありますか?

古道さん:チラシを見せてお客様と取引先様にお勧めするだけです。
最近はおせちを買う文化が浸透しているので、店舗でしっかりお勧めすれば買ってくださるお客様が結構いらっしゃいます。
販促時に使うチラシもジー・テイストさんがデザインしてくれるのでありがたいです。もちろん、うち専用のチラシを作っていただいています。
他にも、取引業者さんに対して販売するためのお願い文を作ってくれたり、お客様に対する提案方法もスタッフに教えてくださいました。
そういったフォローも助かっています。

― 2018年の目標販売数を教えてください

古道さん:300個「完売御礼」が目標です。
これからもお客様に満足していただけるおせちを提供し続けたいと考えています。

まとめ

今回は、ジー・テイストのおせち販売代理店である「株式会社八神」の古道さんにお話をうかがいました。
手間をかけずに豪華なおせちを提供できるところに価値を感じていただけているようで嬉しく思いました。
今後も多くのかたに満足いただけるおせちを提供できるよう、メニューのさらなる質の向上、販促面でのサポートに力を入れていきます。
ジー・テイストでは、おせちの販売代理店を募集しています。
少しでも興味を持たれたかたは、ぜひ一度お問い合わせください。

>>フランチャイズのすすめ一覧に戻る