English    十六穀米オムライス&ドリア専門店 おむらいす亭

おむらいす亭がオムライスに雑穀米を使用している理由とは?雑穀米の素晴らしい効果

『おむらいす亭が雑穀米を使用している理由』

おむらいす亭では、「黄色い幸せおむらいす」をお客様にご提供できるよう、オムライスの卵やチキンライスなど素材にこだわりを持つとともに、卵の味を最大限に引き出せるようお米にもこだわっています。
「おいしいオムライスをお客様に」という思いを持ち続け、日々商品をご提供しています。

健康志向のお客様に満足いただけるように十六雑穀米を使用してますが、その十六雑穀米を、長年愛される「ケチャップライス」とおむらいす亭自慢の「鶏飯」の2種類の味付けでご用意しております。
どちらもおむらいす亭のこだわり卵の「ふわふわトロトロ」にとてもよく合います。

ケチャップライスは、オムライスの定番であり長年老若男女問わず愛されている味です。おむらいす亭のケチャップライスは、隠し味に、特製デミグラスソースを使用し、コク深い味わいのあるケチャップライスに仕上げています。

また、おむらいす亭自慢の「鶏飯」はぜひ1度ご賞味ください。鶏の旨みがたっぷりと詰まった和風の混ぜご飯は、ふんわり卵との相性も良く、口に入れた瞬間に広がる和風だしの香りがより卵の味を引き立たせ新感覚を味わえます。
どちらの味もこだわりの健康卵に合うだけではなく、デミグラスソースなどの多種多様なソースにもよく合います。

ぜひおむらいす亭で新感覚の「鶏飯」と定番の「ケチャップライス」の両方をご賞味ください!

『雑穀米のすごい効果とは?』

続いておむらいす亭で、なぜ十六雑穀米を使用しているのか」についてご紹介しましょう。

雑穀米は白米に比べて健康や美容に素晴らしい効果があるとされていますが、皆さんはその効果について詳しくご存知ですか?
十六雑穀米は、白米に比べミネラルやビタミンB群、食物繊維が約2倍も含まれていますが、その栄養素は御茶碗1杯で野菜サラダ1皿分ともされています。野菜不足が心配で、サラダを積極的に食べている方も多くいらっしゃると思いますが、野菜サラダに十六雑穀米を一緒に食べることで、バランスよく栄養を摂ることができます。

【玄米と雑穀の違い】
「健康に良い」と聞くと玄米や雑穀米を思い浮かべる方も多いと思いますが、玄米と雑穀米は何が違うかご存知ですか?玄米と雑穀米は栄養素的にみると非常に似ていて、どちらもダイエットや美容効果が期待できます。

中でも健康面での効果を期待する方は「雑穀米」がおすすめです!
ダイエットという意味では、玄米の方が咀嚼回数が多く、効果が期待できますが、栄養バランス美容効果に加え生活習慣病などの予防も期待できるそう。
そのため、健康を重視しているのであれば、雑穀米がおすすめです。

【十六雑穀の種類と効果】
雑穀米は、白米に雑穀を混ぜたものになります。
雑穀米と言っても、様々な種類がありますが、おむらいす亭では16種類の雑穀を使っています。

■丸麦
白米の約17倍の食物繊維が含まれています。
「水溶性」と「不溶性」の食物繊維をバランスよく含み、くせも少ないので束やすいです。

■黄大豆
食物繊維やビタミン、良質な植物性タンパク質などの栄養が豊富な黄大豆は身体の調子を整えます。

■黒大豆
女性にうれしい大豆イソブラボンやアントシアニンが含まれています。
白米と炊くとほくほくした食感が楽しめます。

■青大豆
ビタミンAやカロテンなどの栄養素が多く含まれます。鮮やかな緑色なのでご飯の彩りがよくなります。

■発芽玄米
血圧を下げる作用とリラックス効果のある「ギャバ(アミノ酪酸)」が含まれています。
白米にはない深みが特徴です。

■もち黒米
アントシアニンが豊富に含まれていて美容に良いとされています。
楊貴妃も愛用していた美容食としても有名です。

■もち赤米
緑茶や赤ワインで知られている、カテキンやタンニンが豊富に含まれています。
風邪予防の効果が期待できます。

■小豆
女性にうれしい注目成分のサポニンが含まれています。
毛細血管を広げる効果があるので、冷え性に効くとされています。

■もちきび
冷めてもモチモチとした食感があり、穀物や豆類に不足しがちな必須アミノ酸が含まれています。
香りとコクがあるため、味に深みを加えてくれます。

■もちあわ
甘みがありモチモチとした食感です。
ビタミンB1のほかに鉄分を含んでいます。

■ひえ
アレルギー反応が出にくい食材です。
白米より食物繊維が豊富に含まれています。

■ハト麦
新陳代謝を促し、体の毒素を排出してくれます。
むくみや肌荒れに効くなど女性にうれしい効果があります。

■とうもろこし
とうもろこしには様々な品種がありますが、雑穀米に入っているとうもろこしにはビタミンB1、B2が含まれています。
程よい甘さがあります。

■もち玄米
もち米の玄米は白米玄米よりも粘り気があり、歯ごたえのある食感が特徴です。

■胚芽押麦
白米の20倍もの食物繊維が摂れる胚芽押麦は、胚芽をそのまま残すことによって栄養価が高いだけでなく、プリッとした弾力のある食感が美味しい雑穀です。

■もち麦
麦の香りと甘みが美味しいもち麦は、プチプチとした食感も特徴です。食物繊維やB-グルガンが豊富に含まれています。

【女性に食べてほしい十六雑穀米】
16種類の穀物をご紹介しましたが、十六雑穀米にはすべて含まれています。どれも現代の日本人が不足しがちな栄養素を補ってくれます。

雑穀米を食べることは、健康を保つことだけではなく美容効果も期待できます。
ほとんどの雑穀に必須アミノ酸が含まれていますが、ポリフェノールも豊富に含まれていて、肌のターンオーバーを促す効果も期待できるので、肌荒れがひどい場合は改善されることがあります。
食感や味も飽きないものばかりで、飽きずに食べることができます。

美味しいだけでなく、栄養バランスを考え、素材にもこだわり抜いたおむらいす亭のオムライスを是非みなさまご賞味ください。