English    十六穀米オムライス&ドリア専門店 おむらいす亭

オムライスのカロリーってどれくらい?気になるメニューとカロリーを徹底解説!

『オムライスのカロリーってどのくらい!?』

具沢山のケチャップライスにとろとろの卵、そして濃厚なデミグラスソースのかかったオムライス。食欲を刺激するその美味しそうな見た目は、想像するだけでお腹が空いてくるほどですよね。大人から子どもまでみんなが大好きなオムライスですが、気になるのはそのカロリー。ケチャップなどで味付けされたご飯は、白いご飯を食べるよりも量を沢山食べることができるので、ついつい大盛りにしてしまうという方も多いかもしれません。
今回のコラムではそんな大人気メニューのオムライスを、栄養価やカロリーなどの観点から徹底解剖していきましょう!

8

◆一品で大満足のオムライス!その栄養価は!?

オムライスはチキンなどのお肉、人参や玉ねぎなどの野菜、卵、ご飯と、一品で様々な食べ物を取ることができる料理です。1食分のカロリーは、何のソースをかけるかによっても異なりますが、ケチャップをかけた一般的なオムライスで約700kcalほどです。この数値、あなたは低く感じますか?高く感じますか?
ではここで、オムライスのカロリーと、オムライスと同じように一品で充分な食事になるメニューのカロリーを見比べてみましょう。まず、老若男女問わず好きなメニューランキングの上位に食い込んでくるであろうカレーは700kcalと、オムライスとだいたい同じくらいのカロリーです。お肉や野菜がたっぷり入ったカレーも一皿で様々な栄養を取ることができる万能メニューです。また、鶏肉と卵がメインの親子丼は700kcal、揚げたとんかつが乗っているカツ丼は1,000kcalと少しカロリーが高めです。そしてハンバーグがメインのロコモコは900kcalとやはりなかなか高めのカロリーだということが分かります。同じご飯もののメニューの中では比較的カロリーが低めのオムライス。ビタミン、タンパク質、炭水化物の栄養がきちんと取れるバランスの良さも魅力です。更におむらいす亭のオムライスには、召し上がる皆さまの健康を考えた食材を揃えていますので、美味しく、且つ体にも優しいオムライスを楽しんでいただけます。

◆ご飯は栄養価の高い十六穀米!2種類から選べる味付けも嬉しい!!
おむらいす亭のオムライスに使われているご飯は十六穀米です。十六穀米とは大麦、発芽玄米、黒米など、様々な雑穀を混ぜたご飯のことです。ミネラルやビタミンB類、食物繊維などが白米の約2倍も含まれているので、非常に多くの栄養を取ることができます。それにも関わらず、十六穀米のカロリーは白いご飯とほとんど変わらない1膳270kcalほど。同じ量を食べるなら、十六穀米を食べないわけにはいきませんよね。
また、おむらいす亭の十六穀米は味付けも2種類からお選びいただけます。1つ目は定番のケチャップライスです。おむらいす亭のケチャップライスは単にケチャップだけで味付けするのではなく、隠し味にデミグラスソースを使っています。ケチャップの酸味をまろやかにする濃厚なデミグラスソースは、コクがあってやみつきになる味わいです。そして2つ目が鶏飯。鳥の旨味が広がる和風の混ぜご飯は、出汁の香りと美味しさが感じられるおむらいす亭自慢の味付けです。
噛めば噛むほど味わい深い十六穀米本来の旨味と2種類の味付けの相性は抜群!!ぜひお試しください。

『こだわりの食材は栄養も美味しさもお墨付き!』

おむらいす亭で使っている食材は、皆さまが美味しく安心して召し上がっていただけるよう配慮し、食材の選定や扱いを丁寧に行うよう努めています。
例えば、美味しいオムライスを作るための要となる卵は、鶏を育てる際の餌にも着目。炭などを混ぜた特別な餌は、鶏の新陳代謝を上げ、卵の質をよくしてくれます。卵黄は指でつまんで持ち上げられるほどふっくらとハリがあり、卵の旨味がぎゅっと詰まっています。
コクのある卵は、余計な調味料を入れなくても充分な味わいが感じられるので、結果として過剰な塩分やカロリーが抑えられることもメリットです。
また、ハンバーグはビーフ100%のものをご用意しています。ハンバーグを作る際のつなぎを使っていないことや、店内調理で(レストランでは蒸し焼きしていない為削除願います)で、美味しいだけでなくヘルシーなハンバーグを提供することができるのです。

『カロリーが気になるあなたに!気分に合わせて選択できるソースは6種類!!』

おむらいす亭で提供させていただいているソースには皆さまを飽きさせない沢山の種類があるのも魅力です。定番のケチャップをはじめ、デミグラス・クリーム・トマト・黒カレー・和風と種類が分かれており、更に各項目多様な具材や味付けの異なるメニューを取り揃えております。
カロリー面が気になる方は、比較的カロリーが低めのトマトや和風の種類がおすすめです。また、デミグラスや黒カレーなどのこってりしたタイプのソースを選ぶ際は、先述の十六穀米をあっさりした鶏飯にしていただきますと、ソースの味もしっかり味わえてカロリーも少し抑えられますよ。好みに合わせて、ぜひいろいろな組み合わせを楽しんでみてください。

『最後に』

いかがでしたか?おむらいす亭のこだわり食材を使った旨味凝縮のオムライス!今回はカロリーに着目してお話して参りましたが、時にはカロリーを気にせず、口いっぱいに頬張るのも幸せですよ!ぜひお気に入りの味を見つけてみてください。