約60坪月商1,000万円!

競合が皆無

「長崎ちゃんぽん」は実質的な競合が皆無の状態です。理由はシンプルで、ラーメンとは異なり業態を作り上げる事に多大な労力が必要になるからです。実際にどのエリアでも「ちゃんぽん店がひしめく」という事態が発生していません。

安定した業態力

安定した業態力の背景は「低単価・高品質」「マニアによる集客」という2点となります。

①低単価・高品質

この「低単価・高品質」を実現できるのは、弊社を除けば恐らく1〜2社しかありません。飲食店の他業態と競争力のある価格を維持しつつ、満足度の高い商品を提供するには細かいノウハウの積み上げが必要となります。このノウハウは時間・経験値による所が大きい為に、競合が参入できない背景ともなっています。

②マニアによる集客

ちゃんぽんの特性として、「マニアの存在」が挙げられます。ラーメンと同様に日常食でありながら、「ちゃんぽんマニア」が存在し、情報発信をされることで、その口コミをもとに一般のお客様も来店されます、価格と品質とのバランスが取れた「十鉄」だからこそ、リピーターを獲得する事で安定的な集客を実現しています。

職人不要

「味のブレを無くす」「オペレーションの簡素化」を徹底して追及することで職人不要の業態を実現しました。品質を決定づける「スープ」「麺」においては、山口県の自社工場にて製造し、各店に供給いたします。

低投資

「ラーメン店の居抜き」を活用することに加え、設計〜施工に関連した一連の業務を自社で完結させることにより、時間・費用・中間マージンを発生させることなく、ローコスト施工を実現しています。