商業施設出店による「低投資」「早期投資回収」×800店舗超のノウハウを集約させた「高付加価値」

商業施設の特性を活かした「低リスク」業態

商業施設特性 ①売上予測の精度が高い ②商圏内に競合が存在しない ③ターゲットが明確

商業施設特性 低投資出店 = 早期投資回収 安定的な収益確保

商業施設はその出店メリットとして、大きく3点が挙げられます。1つ目は弊社の出店実績に基づいた売上予測の精度の高さとなり、例えばロードサイド店のように「人の流れ」「視認性」などのように業態力以外で売上を左右させる要因が殆どありません。2つ目は文字通り競合店が商圏内に存在しない事が挙げられます。商業施設以外では繁盛店の周囲に競合店が出現し、集客を阻害する事が多々ありますが、商業施設内では競合は皆無と言えます。最後の3つ目は、ターゲットが明確であり、商品開発がブレない。という点です。商業施設はクローズドに近い商圏となりますので、商業施設にご来店されるお客様に集中して精度の高い商品開発が可能となります。

メインターゲットは確実な増加が見込める「シニア層」

我が国の人口ピラミッド 平成24年10月1日現在 <50代以上の割合> 2005年には全人口の4割を突破 2030年には5割を超えると推計

安定した収益を実現する、ニーズを捉えた商品力

ターゲットに訴求する「セットメニュー」

シニア層に特に需要が高い「天麩羅」。
その特徴として「様々な食材を楽しみたい」という嗜好がございます。
「あげてんや」は素材・衣にこだわった天麩羅をメインに嗜好に応えたセットメニューを中心に据えています。

価格以上の満足感「麦とろ御飯」

「麦とろ御飯」の食べ方をご提案する事で価格以上の満足感を御実感いただくと共に、「健康志向」に訴求することで、食事としての高付加価値を実現しています。

職人不要の安定したオペレーション

従来、天麩羅は「職人」の技量に左右される業態でした。あげてんやは、独自に完成度の高いオペレーションを確立させると共に、天麩羅粉や天つゆと言った品質を左右する材料をセントラルキッチンで仕込むことで店舗毎・調理人毎で発生する「味のブレ」を無くしています。
この「完成度の高いオペレーション」こそ、全国で800店舗を超える展開する弊社ならではの強みが存分に発揮されている点となります。

「低投資」「早期回収」が見込めるローコスト施工

投資額の大きな部分を占める「店舗施工」については、設計~施工に関連した一連の業務を自社で完結させ、時間・費用・中間マージンを発生させることなく、ローコスト施工を実現します。コストが下げるだけではなく、外食店舗施工のノウハウが蓄積され続けている、文字通り「外食店舗作りのプロ」集団が繁盛店の礎となる店舗を施工致します。

自社ブランド62業態 全807店舗
フードコート レストラン

投資概算(レストラン)

加盟金 3,000,000 円
保証金 2,000,000 円
研修費 500,000 円
内外装工事 9,000,000 円
厨房機器 2,500,000 円
POSレジ 650,000 円
設計料 1,000,000 円
開店費 3,000,000 円
合計 21,650,000 円
投資概算のご注意点
  • ※)店舗取得費・消費税別途
  • ※)居抜きの状態により費用は増減いたします。

PAGE TOP