企業情報

事業内容

外食・FC事業、教育事業、食品加工事業

外食事業–自社ブランド43業態、約700店舗を展開しています。

当社では、多くのオリジナリティ溢れる外食業態を展開しております。

手軽な価格でおいしい料理を提供し、快適な食文化を楽しんでもらいたい。
日本の味覚を、いつでも、気軽に楽しめるようにしたい。
株式会社ジー・テイストでは食のパイオニア企業として、豊かな食文化の創造に貢献して参ります。
また、これまでに培ってきたノウハウを継承し、またブラッシュアップを図りながら
様々なブランドをFC展開しております。

チェーン展開のノウハウとシステムを開発・保有していることから、
理念共有できるオーナー様にはFC加盟を頂いています。
日々変化し続ける人々のライフスタイル・価値観を的確に掴み、 環境変化に柔軟に対応出来るよう徹底した顧客満足とオリジナリティの追求により売上向上に貢献致します。

教育事業−100校舎を運営する教育業界のメガ・フランチャイジー

最大手のフランチャイジーとして、英会話スクール「NOVA」「GEOS」や学習塾「ITTO個別指導学院」「みやび個別指導学院」を運営しております。

英会話スクールでは、英会話・外国語の上達にこだわり、講師は全員ネイティブで、充実のカリキュラムの英会話・外国語会話のレッスンをご用意しております。

学習塾では、保護者様、お子様のニーズにしっかり対応出来るよう学習環境の向上に努めています。

食品加工事業

食品製造部門では、小麦粉関連の製品、食肉製品、冷凍食品関係、タレ類などを製造販売しています。
通常の食品工場とは違い、店舗への供給を主に進めているために、扱う食材、範囲が広い工場であります。
HACCPの考え方を基に、5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)を基本に7S(殺菌・洗浄)を構築して、工場機能が充実されるような教育と仕組みの組織立てを行なっています。

【HACCP】

従来は「食品の安全性」とは、製造する環境を清潔にし、きれいにすれば安全な食品が製造できるであろうとの考えのもと、製造環境の整備や衛生の確保に重点が置かれてきました。
そして、製造された食品の安全性の確認は、主に最終製品の抜き取り検査(微生物の培養検査等)により行われてきました。

抜き取り検査だけの場合、危険な食品が、市場に出て食中毒を引き起こす可能性を排除することができません。

これに対してHACCP方式は、これらの考え方ややり方に加え、原料の入荷から製造・出荷までのすべての工程において、あらかじめ危害を予測し、その危害を防止(予防、消滅、許容レベルまでの減少)するための重要管理点(CCP)を特定して、そのポイントを継続的に監視・記録(モニタリング)し、異常が認められたらすぐに対策を取り解決するので、不良製品の出荷を未然に防ぐことができるシステムです。

PAGE TOP